女性の老けは“目元”から始まる!~アンケート結果からみる美容のはなし~

女性の老けは“目元”から始まる!~アンケート結果からみる美容のはなし~

女性の老けは“目元”から始まる!といっても過言ではありません。
なぜなら、目元の皮膚は顔の中でも一番薄いため、刺激を受けやすく乾燥しやすいからです。また、瞬きなどの動きが多いパーツだということも、エイジングが出やすい理由の一つです。

目元はその人の印象を左右する大切なパーツでもあり(見た目の年齢はなにで決まる!?~アンケート結果からみる美容のはなし~)、女性にとっては美しい目元でありたい気持ちは大きいものです。
今回は、自分が年齢を重ねていくとき、『目元の悩みがいつ、どのように変化していくのか』について、20歳以上の女性1820名のアンケート結果からご紹介したいと思います。
まずは、『目元の悩み』とその中でも『最も改善したい目元の悩み』について聞いてみました。

★20代は“目の下のクマ”に悩みがち

(20代)目の周りの悩み20代の目元の悩みTOP3は、1位「目の下のクマ(51.9%)」、2位「まつ毛の量(33.9%)」、3位「まつ毛の長さ(30.6%)」でした。
20代では、「目の下のクマ」や「まつ毛の量・長さ」が気になる悩みになっているようです。最も改善したい悩みを見てみると「目の下のクマ(28.4%)」が特に多い結果となりました。
目の下のクマがあると少し暗いイメージになってしまうので、なんとかしたいところですね。肌の悩みに関するおはなしでもご紹介しましたが、20代は若いといえどもお肌の悩みもどの年代よりも数が多く、お肌は不安定になりがちです。目の下のクマの原因は様々ですが、20代がいかにハードな生活をしているのかがうかがえる結果でした。

★30代は見た目年齢を左右する『シミ・シワ』が悩みに加わる

(30代)目の周りの悩み30代の目元の悩みTOP3は、1位「目の下のクマ(41.1%)」、2位「目尻のシワ(38.9%)」、3位「目の周りのシミ・そばかす(38.2%)」でした。
30代では、「目の下のクマ」に加え、「シミ・そばがす」 「目の下のシワ」など、いよいよ目元の老化が顕在化し始めます最も改善したい悩みには「目の周りのシミ・そばかす(20.0%)」、「目の下のクマ(18.4%)」となっており、肌の悩みに関するおはなしでもご紹介した通り、目立つ悩みが気になり始めます。
。30代のお肌は“まだ大丈夫”という心理的な落とし穴もありそうですが、20代よりは確実にお肌は衰えていますので、早めのケアを心がけたいですね。

★40代は“目の下”の悩みが目立ち、改善したい

(40代)目の周りの悩み40代の目元の悩みTOP3は、1位「目の下のシワ(46.5%)」、2位「目尻のシワ(44.2%)」、3位「目の下のたるみ(42.4%)」でした。
40代では“シワ”や“たるみ”などで悩む方が目立ち始めます。最も改善したい悩みは「目の下のシワ(19.6%)」、「目の下のたるみ(16.3%)」となっており、特に“目の下”の悩みが多くなります。「目尻のシワ」が気になる方は44.2%で2番目に多いですが、最も改善したい悩みでは「目の下のシワ・たるみ・クマ・シミ・そばかす」に次いで5番目にランキング。“笑い皺”とも呼ばれる「目尻のシワ」は良い人生を送っている証として好意的に捉えられているのに対し、目の下の悩みは疲れた印象であったり、老けた印象を与えることが多いため、目の下の方が改善したい悩みだと捉えられているのですね。

★50代では“目の下のたるみ”を中心に

(50代)目の周りの悩み50代の目元の悩みTOP3は、1位「目の下のたるみ(64.8%)」、2位「目の下のシワ(50.4%)」、3位「目尻のシワ(49.3%)」でした。
50代では“シワ”や“たるみ”などで悩む方が更に増えます。最も改善したい悩みは「目の下のたるみ(29.7%)」、「目の下のシワ(15.9%)」「まぶたのたるみ(11.5%)」となっており、“目の下”に加え“まぶた”の悩みも多くなります。“目の下のたるみ”は目立ちやすく、影がクマにも見えることもあり、実年齢よりもかなり老けて見られてしまいますので、十分なケアをしたいところです。

目元の悩みの原因については、後々お話ししたいと思いますが、目元のお肌の特性だけでなく、真皮を支えるコラーゲンなどの線維成分の変化、筋肉の動きなど様々な要因があります。スキンケアだけでなく、規則正しい生活やサプリメントなど内面からの美容を取り入れたケアを心がけたいですね。
また、目元の悩みの原因やケア方法についても、たくさんのご要望をいただいておりますので、随時ご紹介させていただきたいと思います!

●目の周りの悩みに関するアンケート
※本アンケート結果はキレイ研究室がおこなった、美容商品愛用者に対する調査結果です。
※実施:2012年3月20~4月20日、N=1820
※掲載データ及び画像転載不可
 データのご利用希望の際はコチラからお問い合わせください。

関連記事

ピックアップ記事

171019asatoyoru

2017.10.19

夜型人間と生理

「早起きは三文の徳」ということわざがあるように、朝早く起きるということは、健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどったりするので得をすると…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る