抗酸化のはなし⑧~総集編~

抗酸化のはなし~総集編~

7回と長きにわたってお話ししてきました抗酸化のはなし。
最終回として、総集編でお送りしたいと思います。
今までの復習を兼ねて、読んでいただければ幸いです。

活性酸素とは?

活性酸素とは、呼吸をし酸素を得てエネルギーを作っている私たちにとっては、切り離せない存在です。
攻撃性が高く、その高い攻撃力でウイルスなどから体を守ってくれるのですが、私たちの細胞自身も酸化させ傷つけてしまう、ちょっと厄介で危険な存在でもあるのです。
主な活性酸素として、一重項酸素、スーパーオキサイドアニオンラジカル、過酸化水素、ヒドロキシラジカルの4種類があります。
また、活性酸素と同じくらい攻撃性の高い、過酸化脂質ラジカルなどのフリーラジカル(ペアを持たず、不安定で反応性が高い)にも注意が必要です。

活性酸素やフリーラジカルの引き起こす害とは?

体内の細胞に攻撃を仕掛けるため、ありとあらゆる部位に影響します。

○お肌→シミ・シワ・ニキビ・乾燥などの原因になります。
○身体→目・骨・関節・脳・血液・臓器など様々なところに悪影響を与えます。

もちろん、私たちの身体も甘んじて攻撃を受けているだけではなく、活性酸素に対抗する手段が備わっています。SODやカタラーゼなどの酵素がその代表格です。
しかし、これらの酵素の活性も、年を追うごとに下がってしまうのが現状です。

活性酸素やフリーラジカルに負けない体づくり&生活

では、活性酸素に負けないためにはどうすればよいのでしょうか?
私たちが活性酸素に対抗するために重要な点は3つです。

1:活性酸素やフリーラジカルの過剰な生成を抑えること

2:できてしまった活性酸素やフリーラジカルをできるだけ速やかに消去すること

3:活性酸素やフリーラジカルにより損傷が起きてしまったら、修復や再生を速やかにおこなうこと

これら3つを、効率よく行うためには以下のポイントが重要です。

○激しい運動をし過ぎない
適度な運動はむしろ望ましいです。急に激しく動くことを避けましょう!

○身体を清潔に保ち、規則正しい生活を送る
必要以上の活性酸素を発生させないように、そして体内の酵素(SOD)の働きをアップさせましょう。

○ストレスをためすぎないよう心掛ける 
ストレスも活性酸素を発生させます。自分に合ったリフレッシュ方法を見つけましょう。

○暴飲暴食を防ぎ、栄養バランスを考えた食事を摂る
ビタミン類やポリフェノール・カロテノイドなど、抗酸化力の高い食物を積極的に取り入れましょう!

○紫外線をうまく防御する 
紫外線に当たると、体内で活性酸素が発生します。紫外線はシミやシワの原因にもなります。日焼け止めや長袖の服、帽子などをうまく使い、浴び過ぎないようにしましょう。

○サプリメントなどの健康食品の活用もオススメ
抗酸化力の高い成分や、体内の抗酸化活性をアップさせるもの、傷ついたDNA修復に役立つものなど様々なものがあります。自分の生活や体調・体質に合ったものを選んで活用してみてください。

いかがでしたか?
活性酸素は、私たちが効率よくエネルギーをつくり出す際の副産物ともいえ、完全な悪ではありませんが、私たちの身体にとって、悪い影響をもたらすことも事実です。
しかし、日常のちょっとした工夫で、その被害を小さくすることは簡単にできます。
活性酸素のことを知り、上手に付き合っていくことが、美容と健康のためにも大切なのですね。
頭の片隅にでも置いていただき、できることから少しずつでいいので、生活を送る上で気をつけてみてください。
きっと、10年後、20年後の自分に生きてきてくれることと思います。

関連記事

ピックアップ記事

zucchini

2017.8.3

ローカロリーで栄養豊富!夏の新定番ズッキーニ

馴染みがないから、と避けていたらもったいない!ズッキーニはヘルシーで栄養豊富な花まる野菜なんです。 近頃、昔から食べられているなじみの深い…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る