サボってませんか?!実は重要、冬の「汗ケア」

14.12.18ase

寒い冬こそ気を付けよう!うっかりしがちな汗のケアは、こうやってケア&対策を!

寒さ厳しく空気の乾燥する冬は、お肌にとってもキビシイ季節ですね。
「お肌も唇も、全身うるおいばっちりで、冬のスキンケアも完璧!」
そう思っているアナタ。
もちろん、保湿もとっても大切なのですが、寒い冬だからこそ忘れがちで、実は大切なコトがあるのです。

実は重要!冬の汗ケア

冬にも大切なケア…実は、それは「汗」のケアなのです。
「冬に汗?」と思われるかもしれませんが、目に見えていないだけで、私たちの身体は常に汗をかき、蒸発させることで体温を調節しています。

冬場にかく汗の量は夏場の約半分ともいわれ、寒い冬でも夏の半分は汗をかいているのです
さらに、冬場は防寒のため厚着をするので保温性が高くなります。そのため、脇の下など発汗量の多い部位は蒸れがちになり、雑菌が繁殖しやすい環境に。
そのうえ、通気性が悪いため、脇などの臭いもなかなか発散されません。

また、私たちは体温を一定に保つために、毎日エネルギーを消費しているのですが、寒い冬は体温を上げるのにエネルギーがたくさん必要となり、基礎代謝が年間で最も高まります。
基礎代謝が高いということは、ちょっと動いただけで体温が上がり、汗が出やすいということ。寒い部屋から急に温かい部屋に入ったときなどには、思った以上の量の汗をかいているのです。
ついついケアを怠りがちな冬場の汗ケアですが、実は、冬こそ放っておけないのです。

では、いったいどんなケアをすればよいのでしょうか?

(1) カラダをきちんと洗おう
汗をかいてないから汚れていない、なんて思って、お風呂タイムがおざなりになっていませんか?
実は、汗の臭いのもとは汗のなかに含まれる物質が、皮膚常在菌により代謝・分解されてできた揮発性物質や低級脂肪酸なのです。
夏場同様、きちんと身体の汚れを落としましょう。
汚れを落とそうとゴシゴシ強く洗い過ぎてお肌に傷を付けてしまうと、かえって逆効果になることも。
よく泡立てた石けんやボディソープなどで、やさしくていねいに洗ってください。

(2)コートを脱ぐタイミングに気を付けて
屋内に入るときや電車に乗るときなど、温かい場所へ入る前にコートなどの上着を脱いでおくと、汗を抑えることができます。

(3)衣類のケアも忘れずに
夏のTシャツなどと違い、冬場に着るニットやセーターなどは洗濯やクリーニングをあまり頻繁にしませんよね?
一度着たものはハンガーにつるすなどして、汗の湿気を取ってからクローゼットやタンスにしまうようにしましょう。
また、汗がニット類につかないように、吸湿効果の高い綿などでできた肌着を着るのもおすすめです。

私たちは、暑くても寒くても汗をかいています。
冬場だからといって、臭い対策を怠らずビューティを意識してがんばりましょう!
(キレイ研究室 研究員:船木)

関連記事

ピックアップ記事

almondrecipe2

2017.6.26

美と健康の秘密たっぷりの♪~ナッツのはちみつ漬け~

美容にいいといわれるナッツ。 毎日食べているという方も多いのではないでしょうか? ですが、ローストナッツばかり食べていたら飽きてしまいま…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る