寝不足=太るってホント?!更にアレまで下がるんです!

睡眠のはなし①~「ただ眠るだけ」の睡眠ダイエット?!~

睡眠不足でお肌があれて、というのは聞きますが、実はダイエットにも天敵だったんです!

一日の仕事や家事を終え、ベッドに入り眠りに就く…という瞬間はいつでも幸せを感じるもの。
しかし、忙しい現代社会ではゆっくりするどころか、睡眠時間を削り、遅くまで仕事や勉強、朝早くに起きて家事…という人も少なくありません。
今回は、睡眠とダイエットの意外な関係についてお話しします。

えぇっ! 睡眠不足は肥満の元だった!?

最近の研究により、睡眠時間とBMI(Body Mass Index:体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))により算出され、日本肥満学会ではBMI22を標準、25以上を肥満としています。余談ですが、米国では30以上が肥満とされています)には相関があることが分かっています。

米国スタンフォード大学の調査によると、睡眠7~8時間の人がもっともBMIの値が低く、それより睡眠時間が短くても長くてもBMIの値が高まるという結果でした。
睡眠時間が約4時間と短いひとは、7~8時間のひとに比較して、BMI値は2~3程高かったそうです。
身長が160cmの場合、なんとBMIの値が「2」高くなると5.12kg違うということになります!

睡眠時間が約3時間短いというだけで、どうして体重に5.12kgもの差が出てしまうのでしょうか?

睡眠不足になると、お腹が空く?!

その答えは、グレリンとレプチンという、2種類のホルモンにありそうです。
グレリンとは食欲を増やすホルモンで、レプチンとは食欲を抑えるホルモンのこと。
米国シカゴ大学で、健康な成人男性12名を対象に、以下のような実験がおこなわれました。
①4時間睡眠で2夜過ごす
②続いて、10時間睡眠で2夜過ごす
①②前後の血液を調べたところ、4時間睡眠の時は10時間睡眠に比べてグレリンが28%多く、レプチンが14%少ないという結果になったそうです。
さらに恐ろしいことに、1日4時間睡眠をとっている間は空腹感が強く、特に高カロリーな食品に対する食欲が増していたそうです。

別の調査では日常的な睡眠時間が5時間の人は、8時間の人よりもグレリンが14.9%多く、レプチンが15.5%少ないという結果もでています。
これは、睡眠時間が減少するに伴い、食欲が増加してしまうことを意味しています。
私たちのカラダは、起きている時間が長くなると「たくさんエネルギーをとらなくちゃ!」と、勘違いしてしまうのかもしれませんね。

睡眠不足の人は、そうでない人より、1日300kcalも多く摂取していたというデータもあります。
残業に追われるなどして睡眠不足が続いていると、急にジャンクフードが食べたくなった、なんてこと、ありませんか?

ちなみに、300kcalを毎日プラスしてとり続けると、ひと月で300kcal×30日=9000kcalも多く摂取していることになります。
脂肪1kgは約7,000kcalですので、なんとひと月で約1.3kgも太ってしまう計算に!!

そのうえ、睡眠不足や不規則な生活は、安定時の代謝率(座っているときのエネルギー消費率)が8%も低下するという研究結果も報告されています。
規則正しい生活を送り、きっちり睡眠をとることがいかに大切か、わかりますね。

今回は、ダイエットと睡眠の関係についてお話ししました。
睡眠不足は肥満への片道切符…改めて、眠ることの重要さを感じていただけたのではないでしょうか。

ですが、きっちり心地よく眠るというのは意外と難しいものです。
次回は、良質な睡眠をとるためのポイントについてお話ししたいと思います。

(キレイ研究室 研究員:船木)

関連記事
眠れない方必見!ぐっすり眠るためのポイント5つ、教えます!
安眠に必要なのは「●●ホルモン」だった

関連記事

ピックアップ記事

gobo_680

2017.5.9

食物繊維でスッキリ&キレイ♪新ごぼうのごま和え

土の香りが豊かで繊維がたっぷりの食材、ごぼう。 4~5月にかけては、柔らかく香りのよい春ごぼうが市場に並びます。 シャキシャキの歯触りも…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る