たったコレだけ?!歩き方を変えるだけで理想の美脚に!

bikyaku

読まなきゃ損!毎日の習慣を意識するだけで、美しいレッグラインが手に入れる方法教えます!

キレイな下半身とは

キレイな下半身といわれても人それぞれ違うイメージがあるかもしれません。そのなかで、今回は機能的、健康的かつ女性的な下半身をつくる為のお話をしていきます。
では、キレイな下半身とは、一体どのようなものなのでしょうか?
足の形は人によって様々で、特に女性は「細い方がいい」「少しでも細くしたい」と思いがち。
ですが、とっても簡潔に説明すると、「臀部から足首に向かって段々細くなる円錐形の脚」、これがキレイな下半身になります。

何故先細りが良いかというと…
●実際よりも細く見える!
メリハリがある足は、ただ細いだけの足よりも、引き締まって見えるのです。
●軽やかに動くことができる!
それに加えて、末端側の方が細いと動かしやすいため、動き自体が軽やかになり、見た目だけでなく動作も魅力的になります。

どうすればキレイな下半身になれるの?

ではこのキレイな下半身、すなわち円錐形の脚を持つ人とそうでない人とは何が違うのでしょうか?
それは、ズバリ「よく働く筋肉」に違いがあるのです!
円錐形の脚の人はお尻と裏腿の筋肉をよく使って生活しています。このような生活をすると、脚の根元部分の筋肉が発達するため、膝下に不必要な筋肉などがつかないですみます。
ではその反対側である腿の前の筋肉はといいますと、ここが他より強く発達してしまうと腿が四角く男性的になり、丸みを帯びた女性的なラインから遠ざかってしまうのです。
円錐形の脚をつくるには、「お尻と裏腿の筋肉を使い、しっかりと発達させること」これだけなのです。

そのためには何をすれば?

そのためには、一体何に気を付ければよいのでしょうか?
ポイントは、二つあります。

  • 一つはサボり気味になっているお尻や裏腿をしっかり働かせること。
  • もう一つは太腿の前やふくらはぎの筋肉を使いすぎるのを止めることです。

この二つをおこなうことでキレイな脚に近づいていきます。
その為に重要になってくるのが歩き方です。
お尻の大臀筋という筋肉は股関節の動きが「強く、 早く、大きく」のいずれかであった場合良く働きます。ですが効果があるからといって、ランニングやウェイトトレーニングを毎日続けるのは難しいという方も多いでしょうし、あまり現実的とはいえませんよね。
そんな方にもおすすめなのが、“大股歩き”です!
普段歩いている時に、いつもより歩幅を広げるだけでOK。
歩幅は、だいたい身長の40~50%を目安にしましょう。例えば、158cmの方ならおよそ、63cm~79cm程度の歩幅を意識して歩きましょう。
このとき、お尻の筋肉を意識し、お尻から脚をしっかりと前へ押し出すようにして歩きます。
後ろの脚はしっかりと伸ばし、踵が地面と接している時間をなるべく長く保つように心がけましょう。
“大股歩き”なら特別に時間をつくらなくても日常にすぐ取り入れられますね。
ヒールをはくことが多い女性は、前のめりになりがちなので、上から吊られているようなイメージで姿勢を保つのも重要です。

毎日の通勤途中にショッピング中、散歩中…これならいつでも気軽にチャレンジできますよね!
歩幅を意識するだけで、脚からお尻のラインが変わるのです。
また、歩幅を広げることの副産物として、猫背やそれ由来の肩や首のコリの改善も期待できます。
ちょっと試してもらうとわかるのですが、猫背で大股歩きってすごくやりにくいのです。
そのため、歩幅を大きめに変えると猫背が改善し、姿勢までよくなります。
猫背のまま小股で歩くと、下半身のラインが崩れてしまうのもありますが、うつむきがちになり、何より魅力が半減してしまうと思いませんか?
初対面の方に挨拶されるとき、前のめりで暗く歩いて来た人と、風を切って颯爽と歩いてくる人とでは印象が全然違いますよね?

美しい歩き方は、あなたの印象までも変えてしまうのです。
また、胸を張って歩くと自分のモチベーションも上がり、なんだか自信もついてきます。
そして歩き方がそのまま効果的なエクササイズにもなり、足のラインまでも魅力的に変えてしまうのです。これはもう やるしかないと思いませんか?

(コラムニスト:パーソナルトレーナー 鈴木)

関連記事

ピックアップ記事

シワのはなし①しわにも種類にも種類があるって知ってた?

2018.4.3

しわの種類について

シワ…それは、女性にとっては疎ましい言葉です。 「この一本の線さえなかったら…」 鏡を見ながら、ついため息が…そんな方もいるのではないで…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る