美と健康の秘密たっぷりの♪~ナッツのはちみつ漬け~

almondrecipe2

美容にいいといわれるナッツ。
毎日食べているという方も多いのではないでしょうか?
ですが、ローストナッツばかり食べていたら飽きてしまいますよね。
今回は、ナッツにはちみつの甘味とドライフルーツの美味しさを追加した、ナッツのはちみつ漬けをご紹介します。
手軽につくれて美味しいのはもちろん、アレンジの広さも魅力!
色々な食べ方を試してみてくださいね。
また、おしゃれな瓶につめて、リボンやシールでデコレーションすれば、プレゼントにもおすすめの1品です!

7-3

材料

ローストナッツ
お好きなものをお好きなだけ※おすすめはアーモンド、くるみ、カシューナッツなど。塩などが添加されていない、素焼きのものを用意します。ドライフルーツ
お好きなものをお好きなだけ※レッドカラントやラズベリーなどを使うと色味がキレイですはちみつ:ナッツが浸る量※加糖タイプではなく、純粋はちみつと書かれているものを用意します。シナモンパウダー:お好みで
密閉できるガラス瓶
※ジャムの空き瓶などでもOKです。

作り方

今回はこちらの材料を使います。自分のお好みのものをお使いくださいね♪
0
1.大きめの鍋にお湯を沸かし、瓶を煮沸消毒します。5分ほど煮沸したら取り出し、清潔な布巾の上に逆さにおいて冷ましましょう。
1
2.ナッツ・ドライフルーツを瓶に詰めます。
2-1
3.はちみつを注ぎます。
3-1
※お好みで、途中でシナモンパウダーを振り入れます。
4-1
4.ナッツが完全に浸るまではちみつで満たします。
5-1
5.最低でも2~3日以上置いて、ナッツにはちみつが染みこんでから頂きましょう。
7-3
☆おすすめアレンジ☆
1.プレーンヨーグルトに添えて
6-1
2.チーズと一緒にクラッカーに載せて
8-1
3.そのほか、アイスクリームやホットケーキやトーストに添える、ケーキやマフィンを焼く際にトッピングとして使うなど、アイデア次第で楽しみが広がります!
☆美容ポイントは、ナッツやはちみつに含まれる豊富な栄養素☆

小さな一粒ですが、①脂質②糖質③たんぱく質④ビタミン⑤ミネラル⑥食物繊維と、6大栄養素と呼ばれるすべてが含まれているのがナッツです。
脂肪=太ると思われがちですが、良質な脂肪分はむしろ太りにくい体をつくるうえ、美肌のためにも超重要なのです!
食物繊維が豊富なのも女性にはうれしいですよね。
そのうえ、ビタミンとミネラルの宝庫ともいえるナッツは、日ごろ乱れがちな食生活を送る現代人に、ぜひ追加していただきたいアイテムなのです。
そこにはちみつの持つ栄養が追加されることで、美と健康の宝石箱状態に。
また、栄養豊富で万能なナッツですが、唯一ともいえる難点は酸化しやすいこと。
ですが、はちみつに漬けることで、酸化を抑えることができるので、ナッツの美味しさと効果をゆっくりと楽しむことができます。
もちろん、カロリーが低いとはいえないので、美味しいからといって一気に1瓶食べてしまうなど、極端な食べ過ぎには要注意ですが、積極的に朝食や間食に取り入れてみましょう。
ヨーグルトやチーズと合わせると良質なたんぱく質も摂取でき、ぐっとバランスがよくなります。
ちょっと意外な組み合わせかもしれませんが、クリーミーな絹ごし豆腐にかけると、ヘルシーなスイーツとしても楽しめます!
適度な脂肪分と食物繊維が含まれているので、腹持ちがいいのもうれしい特長ですね。

ドライフルーツやシナモンをプラスすると…??

ナッツとはちみつだけでも十分な栄養がありますが、ドライフルーツを一緒に入れることで、フルーツに含まれるポリフェノール類がさらにプラスされます。
そのうえ、フルーツの酸味や風味がつくことではちみつがさらに味わい深く、はちみつが染みこんだドライフルーツも、何ともいえない美味しさに!
シナモンは、独特の芳醇な香りがナッツとはちみつに合ううえ、実はとても抗酸化力の高いスパイスです。
紫外線の影響が強いこの時期、抗酸化はとっても大切なキーワードですよね。
外出する日の朝食に、ぜひ取り入れてみてください。
美と健康の秘密たっぷりのナッツのはちみつ漬けに、さらなるパワーアップを施して楽しんでみてはいかがでしょうか?

[関連記事]
美容と健康・ダイエットにも欠かせない、ハチミツの魅力教えます!
抗酸化のはなし~総集編~

関連記事

ピックアップ記事

gobo_680

2017.5.9

食物繊維でスッキリ&キレイ♪新ごぼうのごま和え

土の香りが豊かで繊維がたっぷりの食材、ごぼう。 4~5月にかけては、柔らかく香りのよい春ごぼうが市場に並びます。 シャキシャキの歯触りも…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る