栄養満点レア食材♪芋づるのきんぴら

170925imo

栄養価の高さから、専用の品種が開発されるなど、人気が広がりつつある芋づる。
家庭菜園などで、さつまいもを育てている人にとっては、すでになじみのある食材かもしれませんが、
なかなか手にすることのない食材に、どう調理してよいか手間取っている方も多いのではないでしょうか?
せっかく入手した芋づるを手軽に美味しく頂くために、芋づるのきんぴらをご紹介します!

8

材料(2~3人分)

芋づる:1束
にんじん:1/2本
★調味料
ごま油:大さじ1
めんつゆ:大さじ2
:大さじ1
みりん:大さじ1
いりごま:適量

つくり方

1.芋づるを1~2分ほど軽くゆで、水気をきってから食べやすい大きさに切ります。
※太くてかたいものは、先に皮をむいてください。芋づるの端をつかみ、そのまま引っ張ると簡単にむけます。
1
2.にんじんは皮付きのまま、細切りにします。
※薄い輪切りにした後、細切りにすると簡単です。
2

3.フライパンにごま油をひいて、にんじんを炒めます。
10
4.火が通ったら芋づるを入れ、★調味料を加えて汁気がなくなるまで炒めます。
4
5.仕上げにごま油を少量まわしかけ、お好みで白ごま、唐辛子を加えて混ぜ合わせたらでき上がり。
6
☆美容ポイントは、芋づるに含まれるスーパーフード並みに豊富な栄養素+ごま☆

芋づるには鉄分・カルシウムといったミネラル類やビタミンC・E・Kにβカロテン、第6の栄養素として注目を集める食物繊維が、他の葉物野菜と比較しても、特に豊富に含まれています。
ビタミンA(にんじんにも豊富に含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変換されます)とC、Eは、ビタミンACE(エース)と呼ばれています。
ACEはそれぞれのビタミンが作用しあい、働きや吸収率が高まるため、ACEがすべて含まれている芋づるに、女性ホルモン様作用を持つごまを加えた今回のレシピは、アンチエイジングに興味があるすべての女性におすすめのレシピなのです!
また、ビタミンKは芋づるに特に多く含まれている、血液の凝固や骨の形成にかかわるビタミンです。
芋づるに含まれる、カルシウムの骨への沈着を促すビタミンKと、カルシウムが豊富なごまを使った今回のレシピは、骨の健康維持にもぴったり!
骨密度と肌の関連性が報告されている昨今、芋づるのきんぴらにたっぷりのごまをふりかけて、気になるポイントを同時にケアしちゃいましょう!

[関連記事]
芋だけじゃない?!さつまいものつるは栄養豊富のハナマル素材♪

関連記事

ピックアップ記事

170925imo

2017.9.25

栄養満点レア食材♪芋づるのきんぴら

栄養価の高さから、専用の品種が開発されるなど、人気が広がりつつある芋づる。 家庭菜園などで、さつまいもを育てている人にとっては、すでになじ…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る