界面活性剤は肌に悪い?界面活性剤の種類と働き

『合成界面活性剤フリー』『界面活性剤不使用』
こんな謳い文句の化粧品を見かけたり、実際に使ったりしたことがある方も多いのではないでしょうか?
こう書かれると、なんとなく
「界面活性剤は肌に悪い??」
と思ってしまいますよね。
では、界面活性剤とは、いったいどういうもので、なぜ化粧品に使われているのでしょうか?
そして、肌に対して、どのような影響が考えられるのでしょうか?
今回は、化粧品成分のひとつ界面活性剤にフィーチャーしてみたいと思います。

界面活性剤とはどんなもの??

ドレッシングをかける前に振って一見混ざったように見えても、しばらくすると比重の軽い油が上、重い水が下となり、2層に分離します。
このとき、水分と油分の間にできる境界面を界面と呼びます。
相性の悪い2人のことを「水と油」なんて表現もありますが、皆さんも知ってのとおり、水と油は混ざりにくいものなのです。
液体はお互いの分子を引きあって集まる性質があり、面積を縮小する方向に働いていますが、これを表面張力といいます。
一般的に水はさまざまなものを溶かすことができるのですが、表面張力の差異が大きい液体は混ざりにくく、水の表面張力が油よりもかなり大きいため、2つは混ざり合わないのです。
しかし、界面活性剤(SAA:Surface Active Agent) を用いて、界面のエネルギーを水と油を近づけるようコントロールすることで、水と油を均一に混ぜ合わせることができるようになります。
界面活性剤は水になじみやすい親水性(Hydrophilic group/水色の球体)と呼ばれる性質と、油になじみやすい親油性(Lyophilic group/黄色の棒状)の両方の性質(両親媒性)を持っていて、一般的に図1のようにマッチ棒のような形の模型で示されます。

図1.界面活性剤の模式図

化粧品は、いわゆるモイスチャー成分である水性の原料と、エモリエント成分である油性の原料の両方を使ってつくられることがほとんど。
そのため、界面活性剤を全く使用しないで安定なものをつくることはとても難しく、界面活性剤は使用性や効果実感、安定性などの面で非常に重要な役割を担っているのです。

界面活性剤はどんな目的で使用されるの??

水と油をつなぎ合わせる役目を持つ界面活性剤。
さまざまな働きがありますが、中でもよく化粧品にも利用されている代表的なものをご紹介したいと思います。

乳化 互いに溶けあわない水と油のような液体の一方が、ほかの一方に微細な液滴(乳化粒子:エマルション)として分散させることを乳化という。

水に油が分散しているものを水中油(O/W)型といい、食品ではアイスクリームや生クリーム、マヨネーズなど、化粧品では乳液や化粧水などに用いられる。

油が水に分散しているものを油中水(W/O)型といい、食品ではバターやマーガリン、化粧品ではこってりしたクリームなどに用いられている。

最近ではO/W/O型やW/O/W型など複雑なタイプもある。

可溶化 水に溶けないはずの油性成分を、まるで水に溶けたかのように透明に溶解させることを可溶化という。

透明タイプの化粧水に、油性成分を溶解させるときなどに用いられている。

分散 不溶性の固体粒子を水中や油中に均一に散在させることを分散という。

食品ではココア飲料やチョコレート、化粧品では主にメイク品(リキッドファンデーションなど)に用いられている。

洗浄 肌の汚れには、水性のもの(ほこりや汗が乾いて残った成分、細菌など)と油性のもの(皮脂やメイクアップ化粧品など)があり、両方になじむ界面活性剤は洗浄にも利用されている。

化粧品では石鹸やシャンプーなどに用いられている。

ほかにも、殺菌、帯電防止、湿潤、起泡、消泡など、さまざまな目的で界面活性剤は使用されています。
化粧品だけではなく、食品などにも利用されている界面活性剤は、実は私たちにとって、とっても身近な成分なのです。
中でも界面活性剤の「起泡」の働きは、食品にも欠かせないもの。
皆さんの大好きなビールの泡も、抹茶の茶筅で点てた泡も、カプチーノの泡も、界面活性物質によるものなのです。

今回は、界面活性剤とその種類についてお話ししました。
「界面活性剤」「合成界面活性剤」なんて書かれるといかにも人工的で、肌にも悪そうな感じがしてしまいますが、食品で利用されていたり、私たちの体内にもあったりと身近な成分だったなんて、ちょっと意外ですよね。
次回は、界面活性剤の種類についてご説明したいと思います。

[文:キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)]

関連記事一覧