• HOME
  • 記事
  • ビューティ
  • メガネの錯覚効果で目ヂカラアップ!大きさやコンプレックスも解消できるメガネの選び方!

メガネの錯覚効果で目ヂカラアップ!大きさやコンプレックスも解消できるメガネの選び方!

目の錯覚で目が大きく見える効果、錯視はメガネでも応用が可能です。
今回は、かけるだけで完成する、キレイ度UPのメガネの選び方についてお話しします。

大きいレンズ、それとも小さめレンズ?メガネで目ヂカラアップ!

頬の一部まで覆うぐらいの、大きなレンズのメガネ。

反対に、目の大きさに近く、フレームが目の周囲に来るようなメガネ。

どちらのメガネのほうが、目が大きく見えるのでしょうか?

ヒントはデルブーフ錯視にあります。

デルブーフの内円の過小視と過大視について説明します。

内円の過小視とは、円の外側に大きい円を描くと、小さく見えてしまうこと。

そして内円の過大視とは、円の外側にその円より少し大きい円を描くと、大きく見えるというもの。

内円を目、外円をメガネのフレームと考えると……。

そう、目の周りより少しだけ大きい、小さめのフレームのほうが目は大きく見えます。

 

 

錯視の効果をより高めるためには、ラインがはっきりとわかる、少し太めで色も濃い目のフレームがおすすめです。

色々な悩みも解決?コンプレックス解消もメガネで

「メガネは顔の一部です~」
というCMソングにもあるとおり、顔の上にあるメガネが顔に及ぼす影響は、メイク以上と考えられます。
あなたのそのちょっとしたコンプレックスは、もしかしたらメガネ選びで解決できてしまうかも!

悩み1:目が離れている

目が離れているのが気になる人は、ブリッジ部(左右のレンズをつなぐ部分)の色がフレームより色の濃いタイプのものを選ぶと、求心的に見えるようになり、気になる離れ目をカバーできます。

悩み2:たれ目

加齢などもあり、目や眉、頬が下がっているのが気になる人は、目尻の部分が若干上がったメガネを選びましょう。

※ミュラーリヤー錯視
Yの形のほうが縦線が長く見えるため、目尻が上がったメガネ(フォックスフレームなど)を選ぶと、リフトアップして見えます。

悩み3:肌の色を明るく見せたい

肌を明るく見せたいときは、肌よりも濃い色のフレームを選びましょう。

中央の灰色は3つとも同じ色ですが、濃いフレームに囲まれた色のが最も明るい色に見え、淡い色に囲まれたものが最も濃い色に見えます。

いかがですか?

これからは花粉対策もあり、視力が良い方でもメガネをかける機会が増えるのではないでしょうか。

どうせなら、自分が魅力的に見えるものを選びたいですよね。

メガネはかけるだけ、1秒で完成するのでメイクよりも手軽。

手抜きメイクやすっぴんのときにも、がらりと印象を変えることができます。

自分にぴったりなメガネを見つけましょう!

[文:キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)]

関連記事一覧