皆さんは、更年期に向けた対策ができていますか?
更年期障害の症状や程度は、個人差が大きいといわれていますが、女性なら誰もが経験することだといえます。しかし、“いつから!?”“どのような!?”対策をしたら良いのか分からないのも実際ですよね。そんなとき、実際に更年期症状を経験した先輩女性の皆さまから、どのような対策をおこなって、実際にどれだけ効果を得られたのか聞いてみたいものです。
今回は、1,677名の女性に行った体調に関する調査から、更年期の実際についてご紹介します。

更年期になる前に、予防や対策をした!?

更年期になる前に、更年期に対する知識や予防・対策方法をどれくらいの女性がご存知なのでしょうか。
 (3938)

調査した結果、36~45歳女性の約2~3割が“知らない”と答えていますが、更年期症状があらわれはじめる46歳以上になると、約9割の女性が更年期に対する知識や対策を“知っている”と回答しました。また、46歳以上の女性は「とても理解している(理解していた)」や「だいたい知っている(知っていた)」と回答する割合も多くなり、更年期に対する理解度についても高まる結果となりました。しかし、どの年代でも約5~6割の女性は「なんとなく知っている(知っていた)」という結果で、更年期障害に対する認知度は高いとはいえない状況が分かりました。
では、実際に予防や対策をおこなっている女性はどれくらいいるのでしょうか。
 (3939)

調査した結果、36~45歳女性の約1~2割が“予防や対策をしている”と回答し、更年期症状があらわれはじめる46歳以上になると、“予防や対策をしている”女性は約3~4割にまで増加しました。しかしその一方で、更年期症状があらわれるとされる46歳以降の女性でも約6~7割の女性は“予防や対策をしていない”という実態が分かりました。更年期障害の症状や程度により対策の有無が分かれるのかもしれませんが、今後起こりうる可能性のある更年期障害への予防や対策をおこなっている女性は意外と少ないことが分かった結果でもありました。

更年期の改善策でどれくらいの効果があったの!?どんな方策が効果的!?

 (3955)

更年期症状に対する改善策に取り組んだ結果、症状は良くなったのでしょうか。その実際について調査しました。
 (3940)

更年期症状に対する改善策に取り組んだ女性に対して、その効果実感を調査したところ、41~45歳では33%、46~50歳では44%、51~55歳では57%、56~60歳になると64%の女性が“良くなった”と回答しており、“悪くなった”と回答した女性は一人もいませんでした。
では、更年期症状の対策として、どのような対策が最も良かったと感じているのでしょうか。
 (3941)

更年期症状の改善策に取り組んだ女性に対し、最も良かった改善策をひとつ選んでもらった結果、41~45歳では「サプリメントや健康食品(23%)」が最も多く、次いで「友人と会話、外出など気分転換(13%)」「スポーツなど運動(13%)」と、近い将来に迎える更年期に向けて、サプリメントや運動など、更年期障害をより良く過ごすための長期的な身体づくりが中心になっている様子が分かりました。続いて、更年期症状があらわれるとされる46~50歳では「横になったり、何もしないなどの休息(12%)」「サプリメントや健康食品(11%)」「友人と会話、外出など気分転換(11%)」など、実際に起こっている症状を和らげることを目的とした休息や気分転換などが中心となりました。51~55歳になると、「友人と会話、外出など気分転換(23%)」が最も多く、次いで「サプリメントや健康食品(15%)」「スポーツなど運動(10%)」、56~60歳では「サプリメントや健康食品(20%)」「友人と会話、外出など気分転換(18%)」が多く、次いで「スポーツなど運動(11%)」となりました。51歳以上になると、自身の更年期障害との付き合い方も慣れてくるのか、サプリメントを活用したり、友人との会話で上手く気分転換したりすることで更年期の症状を改善させている様子が分かりました。
また、改善策に関する情報をどこで得ているのかについても調査しました。
 (3942)

調査した結果、36歳以上のどの年齢でも「友人」から多くの女性が更年期に関する情報を得ている様子が分かりました。また、「テレビ」はもちろん、36~50歳では「インターネット」、51~60歳では「雑誌・本」からの情報により改善策を得ていることも分かりました。

今回は“女性の更年期症状”について調査しましたが、いかがだったでしょうか。更年期に対する知識や予防策の認知度が高いとは言えず、実際に取り組んでいる女性も多くはない状況がわかりました。しかし、必ず訪れる更年期を完全に予防することは難しいかもしれませんが、早めの対処で悪化を予防することはできるかもしれません。更年期を乗り越えた先輩女性の対策方法を参考にしながら、この機会に更年期についての知識を学んでみるのも良いかもしれませんね。
●女性の更年期に関する調査
※本調査結果はキレイ研究室がおこなった、美容商品愛用者に対する調査結果です。
※実施:2018年6月20~7月19日、N=1,677
  (20代:124名、30代:278名、40代:527名、50代:528名、60代:220名)
※掲載データ及び画像転載不可
データのご利用希望の際は、キレイ研究室(コチラ)へお問い合わせください。

関連する記事

関連するキーワード

著者