• HOME
  • 記事
  • ヘルスケア
  • 運動の秋、今よりキレイを目指して運動を始めたい! 絶対押さえておきたいたったひとつのポイントとは?

運動の秋、今よりキレイを目指して運動を始めたい! 絶対押さえておきたいたったひとつのポイントとは?

10月に入って涼しさを感じる日も増えてきましたね。
運動の秋だからこそ、ダイエットやボディメイクを目指して何か始めたい!という方もみえるはず。

一方で「でも、運動ってなかなか続かないのよね」とにが~い過去を思い出して、二の足を踏んでいる方もいることでしょう。

実は、今までほとんど運動をしたことがない方が運動を始めるポイントがあります。

そのポイントはたったひとつです。「運動らしい運動から始めない」

「えぇ?」「どういう意味?」なんて声が聞こえてきそうですね。詳しい話をしましょう。

運動らしい運動から始めないってどういうこと?

ついやってしまいがちなのが「今までの生活に見合わないほど、本格的な運動から始めてしまうこと」

例えばですが、本を買い込んできて運動を真似してやってみようと思って挫折されたことってありませんか?
またはTVか何かで見た運動を続けようと思ったけれど、3日目にはやっていなかったなんてことはないでしょうか?

私はこの経験、山のようにあります(涙)。

ひとつには、私が決して運動好きではなかったことが関係しているでしょう。
学生時代から超インドア人間、マラソン大会の朝練習は何とかしてサボりたいと考えていた人間です。

「体を動かす、これ自体がひたすらめんどくさくて楽しくないもの」

言い換えれば、健康のためにはやらなきゃいけないけど、成果がすぐ出るわけでもないし面白くないと敬遠していました。

にもかかわらず本を買い込んで運動をやろうとしたり、「これくらいはやらなきゃ!」と無理してやってみたり。

今考えれば、続かない方法に自ら飛び込んでいたとしかいえない方法をとっていました。

もうひとつの理由として、手順を覚えるのが大変ということもあったと思います。

当時、私が注目していた運動はポーズや動きがかなり、難しいものが多かったのです。
たぶん「それをやれば、運動しています!と胸を張って言える私になれる!」と思っていたから。

「運動嫌いなんだし、持病もちなんだからもっとゆったりしたものから始めればいいのに」と今なら思います。

でも「即、運動している素敵な私!」になりたかったから、こだわってしまった部分があるかなって思うのです。

皆さまも、ちょっとだけ振り返ってみてください。
「素敵なトレーニングウェアを着て、バリバリ走ってる私」とかイメージされてた部分、ないですか?
「ちょっと体が柔らかくなって、難しいヨガのポーズも取れてる私」とかイメージされてないですか?

イメージはとっても大事です。そこへ向かうモチベーションになります。
でもいきなりそこへいこうとすると、かえってモチベーションを下げる結果になり、三日坊主という結果になりがちなんです。

運動を続けたいなら、ごくごく簡単なものから始めよう!

「シャープなデコルテを目指したい!」「首こりがひどくて、顎が前に出がちで見た目も気になる」

こんなお悩みを抱えてみえるなら、まずは首のストレッチだけやってみましょう。

1)後ろに首を倒す
2)その状態で5秒キープ
3)同じ要領で、前と左右に倒す

家に帰ってきて、ご飯つくって、洗濯して、ちょっと好きなものを飲みながらTVを見ようかな・・・の前に20秒だけ挑戦するのです。

「え、たった20秒!?」って思われませんか?いいんです、最初なんですから。
最初は「あ、これ気持ちいいかも」って思う、それだけのところから始めましょう。

そうすれば「いきなりハードな運動をして、筋肉痛になっちゃった」「体を痛めちゃった」という憂き目からも守られます。

やっているうちに、同じ首を動かすでも「もうちょっといろいろ加えてやってみたい」と思えたらしめたもの。
回す動作を加えたり、ネットなどで見つかる違う動作を加えていけばいいのです。

ちなみに、首の運動が出たところで腰痛がお悩みなら「後ろに腰をそらして5秒キープ」これだけから始めるのがマル
まずはせめて仕事終わりに1回を習慣にして、できるようになったら休憩時間にやることを習慣にすれば続けやすいでしょう。

腰が痛くて、かがんだような姿勢になってしまうことを防げるので、若々しいスタイルのキープにも役立ちます。

「今までの生活に見合わない」にはもうひとつ意味がある!注意すべきポイントとは?

ひとつ上の見出しで「新しい動作を加える」という内容を書きました。ここでひとつ注意すべきポイントがあります。

新しく運動を始めた、新しい動作を加えたというタイミングであまりにひどい筋肉痛に襲われたら「やりすぎ」のサインです。
上記の首の運動も「5秒キープ」にしていますが、辛すぎたら3.4秒あたりから始めてみてください。

そう!「今までの生活に見合わないほど」というのは質だけでなく、量も入るんです。

だから「ウォーキングから始めよう!」と考えることは素敵なことなのですが、まずはご自分の生活を振り返ってみてください。

通勤のため10分しか歩いていない方がいきなり30分歩く、これはNGなんですね。
せめて、いつも慣れている10分プラス5分程度から始めてみましょう。

おわりに

運動はつらいだけのもの、でも義務でやらなければという部分があると、続けづらくなってしまいます。
とにかく、短い時間でもいいから「心地いい」と思えるものを見つけるのが1番です。

「まずはお試し!」という軽い感覚で初めてみてください。

お子さんがみえる方は、体育の準備運動でお子さんが覚えているものを少しだけ教えてもらってもいいと思いますよ。

いきなり本格的に、ではなく「らしくない」けれど体が動かせるものからぜひ、チャレンジしてみてくださいね。



祥月庵 fuu(しょうげつあん ふうう)
リラクゼーション祥月庵店長
[資格] 養護教諭2種免許状・からだゆるめセラピスト・公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
・日本総合カウンセリング付属 日本心理カウンセラー養成学院 心理カウンセラー養成講座修了・TCカラーセラピスト

もともと虚弱体質、また人間関係にも悩むことが多かった私。
健康にかかわる仕事を志し、経験する中で「もっと自分らしく健康を育てる仕事をしたい!」と思っていたとき、ちょうど母親からサロンを立ち上げたいという話があり、転身を決意。
サロンではカラーセラピーや、美しい立ち姿を作るセミナー、心を育てるセミナーをメインに活動しています。
[リラクゼーション祥月庵]
長野県飯田市中村の「したい時にしたいことができる体と心」を作るサロン。
公式サイト
公式ブログ

関連記事一覧