カミソリでの処理、間違っていない?ムダ毛のホームケアについて。

180406Mudake

ぽかぽかと暖かい春の陽気に誘われるように、羽織っていたカーディガンを脱ごうとしたら、腕や脇のムダ毛が気になって慌てて着なおすなんて覚え、ありませんか?

そろそろタイツも脱ぐ季節、すねのムダ毛も気になりますよね。

今回は、ムダ毛のホームケアについてお話ししたいと思います!

 

ホームケア方法もたくさん! あなたはどれを選びますか?

180406Mudake01

まずは、ムダ毛処理のために家で使用できる、コスメ類についてご紹介いたします。

脱毛剤
特徴
  • 物理的な力によってムダ毛を除去する。
  • 脱毛ワックスジェル、テープなどがある。
  • 薬機法上、化粧品の効果を含まないため雑貨に分類される。
メリット
  • ムダ毛を毛根から引き抜くことができるので、効果が比較的長持ちする。
  • 中でもワックスタイプのものは脱毛力が強く、わきの下やVゾーンなどの太い毛の脱毛も可能
  • テープタイプは部位に貼り付けるだけなので簡便にできる
デメリット
  • キレイに処理するにはコツが必要
  • 多少の痛みを伴う
  • ワックスタイプは湯煎で溶かすなどの手間がかかる
  • テープタイプは粘着剤が皮膚表面に付着するため、角層も剥離していまい肌に負担がかかりやすい
除毛剤
特徴
  • 化学的作用によってムダ毛を除去する。
  • 脱毛ジェルやクリーム、フォームなどさまざまな剤型がある。
  • 薬機法上、除毛効果を有するので医薬部外品に分類される。
メリット
  • 還元剤で毛を軟化し除去するため、処理後の毛先が丸くなり、生えてきた時にチクチクしづらい
  • 痛みや出血がなく処理できる
デメリット
  • 人によっては炎症を起こすことがあるので、初めて使う際はパッチテストをおこなうのがおすすめ
  • 刺激臭があるものが多い
  • 塗布後時間を置くので、処理の時間を要する

皆さんが使ったことがあるものはありますか?
脱毛も除毛も、一長一短といったところでしょうか。
最近は処方技術も進化し、傷みの少ない脱毛剤や、刺激や臭いの少ない除毛剤も開発されています。
また、近頃は男性用の脱毛剤や除毛剤も人気を集めているのだとか。
胸毛やすね毛、腕毛などを処理する男性が増えているそう。
エステに行くのは少し恥ずかしいけれど、キレイに処理したいと思われる方に人気があるようです。

 

やっぱり永遠の定番? カミソリ

180406Mudake02

もっともコスパよく、手軽に処理できるものといえば、カミソリですよね。
部位や用途によって、ひげそりに用いられることも多いT字タイプや、眉そりや顔用に用いられることが多いL字(I字とも呼ばれる)タイプ、電動のものなど種類もさまざま。
昔は誤って横に滑らせて肌を傷つけてしまうといったこともありましたが、最近のカミソリはほとんどが安全ガードの付いた、横滑りに対応したものが多くなっています。
ムダ毛処理に、ほとんどの方が使ったことがあるのがカミソリだと思いますが、実は、意外と間違った使い方をしている方が多いのです!
カミソリを使うと肌があれるという人は、一度使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

×お風呂場で、ボディソープの泡を利用して剃る
×何もつけずにいきなり剃る
×深く剃れるから……と、毛の流れに逆らって剃る
×キレイにするため同じところを何度も剃る
×毎日剃る

実は、これらは全てNG!
余分な物理的刺激を抑え、肌の健康を守るためにも、

○角層がふやけて傷がつきやすくなるので、お風呂場では剃らない
○シェービングフォームやジェル、ワセリンなどを塗って滑りを良くしてから剃る
○毛の流れに従ってカミソリを動かす
○よく切れるカミソリを用意して、同じところ剃るのは1度に切れ味が落ちたと感じたら、すぐに新しいものに取り換える
○多くても週1~2回程度に

これらを守ってカミソリを使いましょう!
また女性の方は、月経中は肌が敏感になりやすいので、なるべく避けるのがベスト。
カミソリは手軽な処理方法ですが、刃物を扱っていると気を引き締めて、肌に優しく使いましょう。
使用後は、アフターシェーブローションや肌に合ったスキンケアで、カミソリ処理後の肌を優しくいたわるのも忘れずに。

ムダ毛の処理は、多くの女性にとって手間と感じられるもの。
TPOや自分の肌と相談して、自分に合ったお手入れ方法で処理しましょう。
どうしても気になる方は、病院やエステで相談してみるのもいいかもしれません。
正しいムダ毛ケアで、薄着の季節も、余計なことは気にせず、快適に過ごせたらいいですよね!

[文:キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)]

関連記事

ピックアップ記事

180706PMS

2018.7.6

PMS(月経前症候群)とは?月経前のイライラ・不調…症状別対策のポイント。

月経がはじまる1週間前ぐらいから、「だるい」「イライラする」「胸が張って痛い」「お腹が痛い」「吹き出物ができる」といった、さまざまな不調があ…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る