皆さんは「腸内環境」と聞くと、どんなことを思い浮かべますか?食生活、お通じの状態、肌や体の状態など、思い浮かべることは人それぞれだと思いますが、腸内環境が悪いと色々なところに影響が出てきそうですよね。

今回は、美容に関心のある女性1,649名におこなった腸内環境に関するアンケート結果から、腸内環境とお通じとの関係についてご紹介したいと思います。
 (3899)

自分の腸内環境は、約3割が“悪い”と思っている

以前もご紹介しましたが、自分の腸内環境は約3割が「悪いと思う」、約7割が「よいと思う」と認識していることが分かりました。
 (3880)

 (3881)

では、自分の腸内環境の良しあしはどのように判断しているのでしょうか?

約8割の女性が、腸内環境はお通じの状態で判断している!

自分の腸内環境の状態は何を考慮して判断しているのか調査しました。
 (3897)

その結果、多くの女性が「お通じの状態(79%)」、続いて「体の調子(37%)」「肌の調子(31%)」をみて、自分の腸内環境の良しあしを判断していることが分かりました。
お通じは、腸内を移動して出てくるものなので腸内環境の影響を受けやすく、また定期的にあるものなのでチェックしやすいことも判断材料になったのかもしれませんね。
また、「体の調子をみて」「肌の調子をみて」は、腸内環境の状態によって体調や肌の調子に変化があった経験があったからなのかもしれませんし、最近はテレビや雑誌などでも腸内環境と全身との関係についての情報が多くあることも影響しているのかもしれません。

自身の腸内環境は多くの女性が「お通じの状態」をみて、判断していることがわかりましたが、そんな女性たちの普段のお通じの状態はどのようになっているのでしょうか?  

約7割がお通じの状態は“良好”だと思っている 

 (3888)

 (3889)

その結果、約7割がお通じの状態を「良好だと思う」、約3割は「悪いと思う」と回答し、年代が上がるにつれて良好だと思う女性は増加していくことが分かりました。約8割の女性が腸内環境をお通じの状態で判断するからなのか、腸内環境とお通じの状態の良しあしは近い結果となりました。

お通じの状態が悪いと、こんなところに影響が!

お通じの状態が悪い時に、他に不調を感じるか否かについても調査しました。
 (3898)

その結果、「腹痛がある(20%)」「肌の調子が悪くなる(17%)」「全身が不調になる(14%)」と続き、約3割は「特にない(不調を感じない)」という結果になりました。
お通じの状態が悪いことで肌や体に不調を感じたり、人によってはイライラするなど精神面への影響も伺える結果となりました。

今回は、腸内環境とお通じを中心にご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
腸内環境は多くの女性がお通じの状態で判断していることや、お通じの状態が悪いことで体や肌などにも悪影響があらわれる女性がいることが分かりました。毎日快適に過ごすためにも腸内環境をよくしてお通じの不調とは無縁の生活を送りたいですね。
●腸内環境に関するアンケート
※本アンケート結果はキレイ研究室がおこなった、美容商品愛用者に対する調査結果です。
※実施:2018年3月20日~4月20日、N=1,649
(20代:119名、30代:285名、40代:510名、50代:525名、60代:210名)
※掲載データ及び画像転載不可
※データのご利用希望の際は、コチラからお問い合わせください。

関連する記事

関連するキーワード

著者