(3123)

「子どもにどこまで紫外線対策をしたら良いのだろう?」
元気に外で走り回ってほしいけれど、紫外線による害も気になる・・・。
子どもを元気に健康育てたいと願うママたちの中でも、紫外線対策の考え方というのは迷う部分でもあります。
今回は、20代以上の女性1,646名に対して実施したアンケート結果から、最近のママたちがおこなっている子どもの紫外線対策事情をご紹介したいと思います。

子ども(15歳以下)の紫外線対策は必要!?

子ども(15歳以下)に対する日焼け対策の必要性について調査しました。

 (3129)

 (3130)

その結果、9割の女性が子どもに対して日焼け対策が必要だと認識していることが分かりました。また、年代別で見てもどの年代も約9割が必要性を感じており、20代女性が必要性をやや強めに感じている傾向があることが分かりました。
 (3132)

また、子ども(孫も含む)の年齢別でもみてみると、0~2歳の乳児期ほど日焼け対策意識は強く、外遊びが盛んになってくる3~11歳には少し必要性に対する意識が弱くなり、12~14歳になるとまた日焼けに対する対策意識が強くなるという傾向がみられました。乳児期はまだ身体はもちろん、皮膚が未成熟であることから特に意識が強くなるのかもしれませんし、12歳以降(中学生)になると美容に対する意識も大きくなるのかもしれませんね。

子どもの紫外線対策の実際はいかに!?もっと上手に付き合いたい!

続いて、実際にママたち(おばあちゃんも含む)が実施している日焼け対策を調査しました。
■実施している日焼け対策(子ども・孫の年齢別)
0~2歳 (N=119) 3~5歳 (N=77) 6~8歳 (N=68) 9~11歳 (N=253) 12~14歳 (N=201)
1位 日傘・帽子を使用 (58%) 家や車の窓にUVカットシートなどを貼る(58%) 日傘・帽子を使用 (69%) 日傘・帽子を使用 (66%) 日傘・帽子を使用 (72%)
2位 家や車の窓にUVカットシートなどを貼る(52%) 日傘・帽子を使用 (48%) 家や車の窓にUVカットシートなどを貼る(40%) 家や車の窓にUVカットシートなどを貼る(37%) 家や車の窓にUVカットシートなどを貼る(21%)
3位 UVカット効果のある洋服を着る(23%) 日焼け止めクリームなどを塗る(23%) 日焼け止めクリームなどを塗る(22%) 日焼け止めクリームなどを塗る(19%) 日焼け止めクリームなどを塗る(20%)
4位 日焼け止めクリームなどを塗る(15%) サングラスを使用(13%) サングラスを使用(12%) サングラスを使用(12%) サングラスを使用(7%)
5位 紫外線カット効果のある化粧品を使う(15%) 紫外線カット効果のある化粧品を使う(12%) 衣服などで、できるだけ肌の露出を控える(10%) 昼間の外出を避ける(8%) 昼間の外出を避ける(6%)
結果、全年齢で「日傘・帽子を使用」「家や車の窓にUVカットシートなどを貼る」での対策が多く、「日傘・帽子を使用」は年齢が高いほど使用率が高い結果となり、12~14歳では72%の子どもが使用している結果となりました。また、「家や車の窓にUVカットシートなどを貼る」での対策は、0~5歳児の対策として多い傾向が見られました。一方で、「日焼け止めクリームなどを塗る」はどの年代でも約1~2割、「サングラスを使用」「昼間の外出を避ける」はどの年代でも約1割程度という結果となりました。
子どもの紫外線防御に対する啓蒙が盛んになりはじめ、消費者の意識が高まってきたとはいえ、まだまだ対策法が浸透していない現実も見えた結果でもありました。

今回は、子どもの紫外線に対する対策意識についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。子どもの紫外線との上手な付き合い方については、子どものUV対策でご紹介していますので是非参考にしてくださいね。
●季節と肌に関する調査
※本調査結果はキレイ研究室がおこなった、20代以上の女性を対象としたアンケート調査結果です。
※実施:2017年8月20~2017年9月20日、N=1,646
(20代:117名、30代:271名、40代:546名、50代:513名、60代:199名)
※掲載データ及び画像転載不可

データのご利用希望の際は、コチラからお問い合わせください。

関連する記事

関連するキーワード

著者