女性はだれもが経験する月一回の憂鬱には訳がある!?「女性ホルモン」の働きについて

女性ホルモン

女性の方、必読!「母」と「女性」をいったりきたり?「女性ホルモン」の働きを知って、月に一度のブルーデーもキチンと乗り切りましょう!

今回のテーマはホルモンですが、ホルモン焼きのことではありません。
成長ホルモン、男性ホルモン、副腎髄質ホルモンであるアドレナリンなど、耳にしたことがあるものも多いかと思いますが、生理活性物質であるホルモンです。なかでも今回お話しするのは「女性ホルモン」

女性ホルモンは2種類あり、一ヶ月の間にそれぞれの分泌量が増減しています。
そのおかげで(そのせいで?)、私たち女性の体にはさまざまな変化が起こり、一ヶ月のあいだに、オンナになったり母になったりしているのです。
今回は、めまぐるしく変わる女性の体と、それぞれの時期を快適に過ごすコツについてお話ししたいと思います。

2種類の女性ホルモンとは?

私たちの体を大きく変化させる女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があります。
簡潔に表すと、エストロゲンは異性を惹きつけるための女性らしさを生み出す作用プロゲステロンは母となっても大丈夫なように体に変化を起こす、妊娠に関する作用があります。
思春期を迎え、体つきが丸みを帯びて女性らしく変わるのはエストロゲンの働きによるもので、妊娠を維持するときにはプロゲステロンが大きく働きます。
どちらも、とても大切なホルモンです。
2つのホルモンは、生理周期に合わせて増減しており、生理後から排卵までの卵胞期にはエストロゲンが、排卵後から生理まではプロゲステロンがそれぞれ多くなります。
エストロゲンが多くなる排卵前の時期は、肌ツヤがアップし、気力も十分。
お肌も体も心も調子よく、新しいことを始めたり、何かにチャレンジしたりするのにはぴったりな時だといえます。
体を動かすスポーツなども積極的に楽しみましょう!
では、反対に生理前のプロゲステロンが多くなる時期はどうなるのでしょうか?
妊娠を維持するために働き、体温を高めたり水分を蓄えたりします。
それ以外にも、生理前になると、イライラしたり、肌の調子が悪くなったり、便秘になったり反対にお腹を下したり…。
これら、PMS(月経前症候群)の症状もプロゲステロン(黄体ホルモン)によって起こるとされています。
また、体内に水を貯めこむ時期になるので、体重が若干増えてしまうことも…。
この時期は、ゆったりのんびり、ストレスがかかりすぎないように過ごすのがベスト。
コツは体を冷やさないようにすることと規則正しい生活をすること。
女性ホルモンに限ったことではないですが、全てのホルモンは体内時計の影響を受けているので、不規則な生活を送るとホルモンバランスを崩しやすくなってしまうのです。
女性を悩ますこの時期ですが、好きな香りや音楽を楽しんだり、お風呂にゆっくり浸かったり…自分の体を労りながら過ごしてくださいね。
自分の体が今どの時期に当たるのかを知るためには、基礎体温を記録するのがもっとも重要です。
特に生理周期が乱れがちな方や、妊娠を意識している方は、自身の状態を知るためにも、毎朝ちょっと面倒かもしれませんがしっかり計りましょう!

ホルモンバランスから考えるスキンケアのコツ

2つのホルモンにより、大きく変わる女性のお肌。
次は、生理周期からみるスキンケアについてお話ししたいと思います。
まずは、卵胞期
お肌は安定した状態といえますので、特に気を付けることはありません。
もし新しい化粧品(特に、美白ケアなど)や美顔器などを試そうと思っている方は、この時期に始めるのがおすすめです。
また、ピーリングやマッサージなどのスペシャルケアも、よりよい効果が得られやすくなります。
ダイエットの成果も出やすく、美に磨きをかけるのに適したときだといえるでしょう。
問題となるのが黄体期
どうしてもお肌が敏感に傾いてしまいますので、いつもどおりのお肌に慣れたスキンケアをおこなう方がよいでしょう。
特に、化粧品によるトラブルを起こしやすい人は注意が必要です。
皮脂の分泌量は増加する傾向にあるので、さっぱりと洗いつつも保湿を心がけましょう。
除毛なども、カミソリ負けや除毛剤によるトラブルなどを起こしやすい時期ですので、避けられるならば避けたいもの。
また、この黄体期は、紫外線ダメージを受けやすく、メラニン産生が活性化しやすい時期でもあるので、紫外線ケアも入念におこないましょう。
この際も使い慣れた日焼け止めを使うのがポイントです。
生理前は暴飲暴食したくなることもありますが、ダイエットにはもちろんお肌にもよくありません。
女性ホルモンはインスリン(血糖値をコントロールするホルモン)の働きにも影響を与えるため、黄体期には空腹時に甘いものがほしくなる方もいるかと思いますが、ほどほどにしましょう。

何となく、黄体期から生理期間は体も心も辛く、憂鬱になりがち。
ずっと卵胞期が続けばいいなぁと思ってしまうかもしれませんが、どちらもとても重要なのです。
排卵前は異性を引き付けるように「女性」としての魅力が高まり、その後は「母」となっても大丈夫なように体に変化を起こす。
女性の体の神秘的なはたらきが、毎月自分の体に起こっているなんて、不思議な感じがしますよね。
生理前にはイライラしたり、不安になったり、落ち込んだり…女性なら誰にでも覚えがあると思いますが、「この時期はそういうものなんだ」と割り切って、自分なりの対処法を見つけることで、少しでも穏やかに快く過ごしたいものですね。

(キレイ研究室研究員:船木)

関連記事

ピックアップ記事

180402Kesyohin

2018.4.2

「しわを改善」が承認!そもそも「医薬部外品」って何?

薬用コスメや薬用化粧品、Medicated Cosmeticsなどと呼ばれる化粧品たち。 これらは、「医薬部外品」に該当する化粧品です…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る