女性に多い「隠れ貧血」。鉄分の効率的な摂り方のポイント

『朝起きるのが辛い』
『疲れが取れない』
『髪のボリュームがダウンした、傷みやすくなった』
これらの症状が気になる方。
もしかしたら、あなたの体は「鉄分不足」に陥っているかもしれません。
「え、別にめまいや貧血にはなってないけど?」
「健康診断で引っかかってないけど?」
という方もいるかもしれません。
しかし、「隠れ貧血」と呼ばれる症状があることをご存知ですか?
あなたの鉄分も、不足しているかもしれません。

え? こんな症状も?? 意外な鉄分不足の症状とは

先ほどお話しした、
・朝起きるのが辛い
・疲れが取れない
・髪の元気がない
・肌のハリやツヤがない
などの症状の他に、鉄分不足によって起こるとされているのが、
「かき氷やアイスクリームが無性に食べたくなる」
という、一見鉄分不足とは関係なさそうなこの症状です。
暑い夏でもないのに、無性に冷たいものが欲しくなる症状で、医学的には「氷食症(ひょうしょくしょう)」と呼ばれますが、貧血状態のときやストレス状態のときに起こるといわれています。
なぜ冷たいものを食べたくなるのか、完全に解明はされていませんが、鉄不足のため自律神経が乱れ、体温調節が難しくなるためではないかと考えられています。
貧血の治療により、氷食症の改善がみられることから、因果関係はある程度認められています。
もうひとつ、貧血に傾いた人が欲しくなるものが「甘いもの」。
鉄分が不足すると、しっかり酸素を運搬できなくなるので、体はエネルギー不足に傾きがち。
そのため糖分を摂ることでエネルギーを得ようと、甘いものが欲しくなってしまうのです!
冷たくて甘いアイスクリームは、鉄分不足の方が食べたくなる要素に当てはまる食べ物。
なんだか気がつくとアイスを買ってしまっているというあなたは、鉄分不足を疑ってみましょう。

貯蔵鉄フェリチンって知ってる?

鉄分が基準値に入っている人であっても、鉄分不足が心配な理由は、「貯蔵鉄」にあります。
貯蔵鉄といわれるフェリチンの値が低い「隠れ貧血」と呼ばれる女性は実はたくさん。
成人女性の3人に1人は潜在性鉄欠乏症である隠れ貧血だと推測されています。
摂取した鉄分のうち、2/3ほどがヘモグロビンとなり、残りの大部分が肝臓や脾臓にフェリチンなどの貯蔵鉄として保存されます。
もし出血などでヘモグロビンが失われると、貯蔵鉄からカバーされる仕組みとなっています。
そのため、めまいや立ちくらみといったいわゆる貧血の症状が起こっているときは、すでに貯蔵鉄からもカバーすることができない状態!
かなり貧血が進んでしまっていると考えられます。
月経がある女性はどうしても鉄分不足になりがち。
意識して鉄分を摂るようにしましょう。
自分のフェリチンの値が知りたいときは、血液検査で計測できるので、医師と相談し、一度病院で調べてみてもいいでしょう。
医療機関にもよりますが、だいたい1,500円ほどでできると思います。

鉄分を摂るにはホウレン草? ひじき?? 実は重要なポイントがあるのです

鉄分が不足しやすい女性は、なるべく普段から鉄分を摂るようにしたいもの。
ここで、鉄分を効率よく摂るコツをお話ししたいと思います。
実は、鉄分には「ヘム鉄(ヘムたんぱく質)」と呼ばれるたんぱく質に結合するものと、「非ヘム鉄(非ヘムたんぱく質)」と呼ばれる無機鉄の2種類があります。
鉄分といえば、ひじきやほうれん草を思い浮かべる方もいるかもしれません。
しかし、植物に含まれる鉄分は「非ヘム鉄」と呼ばれる、吸収効率の悪い鉄分です。
効率的に鉄分を摂取したいのであれば、動物に含まれる「ヘム鉄」の摂取を意識しましょう。
ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて、4倍ほど吸収効率がいいことがわかっています。
レバーや牛肉の赤身、マグロ、カツオなどに豊富に含まれます。
調理する時間がないという方には、鰹節やツナ缶の利用をするとお手軽にヘム鉄を摂ることができます。
忙しい時ほど、しっかり鉄分を摂りたいものです。
また、せっかく摂取した鉄分の吸収を妨げてしまう成分があるので要注意!
その成分とは「タンニン」と「食物繊維」です。
これらはヘム鉄の吸収には関わりないのですが、非ヘム鉄の吸収を阻害してしまいます。
タンニンは、緑茶やコーヒーに含まれているので、食事の際の飲み物を麦茶や水にすることで避けることができますが、食物繊維を食事から避けるのは難しいもの。
むしろ、近年不足が問題となる食物繊維は、女性にとっては積極的に摂りたい栄養素のひとつですよね。
そういう面も含めて、鉄分の摂取にはやはりヘム鉄がおすすめ。
肉食女子を目指して貧血にさよならしましょう!

私たちの体をつくるうえで重要なミネラルである鉄分。
ビタミンやポリフェノールなどと違って、美容のイメージは薄いかもしれませんが、元気にも、美肌にも、美髪にも重要な成分なのです。
血液中のヘモグロビンや酵素の構成成分となる鉄分が不足すると、エネルギーがうまくつくれなかったり、体のすみずみまで酸素がいきわたらなくなったりしてしまいます。
キレイと元気のために、鉄分をしっかり&継続的に補給しましょう!

[文:キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)]

関連記事一覧