費用0円?!誰でもかんたん、すぐに実行できちゃうアンチエイジングって?

0円アンチエイジング

2日徹夜と6時間睡眠が一緒?!
脳が求める「アンチエイジング」を今日から始めましょう!

アンチエイジングといえば、化粧品やサプリメントを思い浮かべる方も多いと思います。
最近では、生活習慣や運動を気にされている方も多いでしょう。
ですが、中でもかなり重要なのに見過ごされがちなものがあるのですが、なんだかわかりますか?

ヒントは、英国の戯曲家シェークスピアが「ヘンリー4世」の中で述べています。
“Nature is the gentle dear nurse who gave it to man for a pleasant sleep.”

( 快い眠りこそは自然が人間に与えてくれるやさしい、なつかしい看護師だ)

もうお分かりですよね、今回のテーマは「睡眠」です。

睡眠不足が脳を老化させる?!睡眠の重要性について

私たちは、人生の1/3は眠って過ごすといわれています。
人生の1/3に相当する睡眠時間…とても重要な時間のはずですが、ついなおざりになってはいませんか?
睡眠に関しては、神経学者のジェフ・イリフ氏がその重要性について述べています。
体にあるどの器官も、さまざまな働きと同時に、必ず排泄をおこなっていますが、脳は睡眠中に排泄作用をおこなっており、睡眠不足の方の脳には老廃物が溜まっているというのです。
私たちの脳は、私たちが起きて活発に活動しているときはそちらに働き、睡眠に入ったと同時に浄化モードに切り替わり、その日に蓄積された老廃物の排除をおこなうそうです。
臨床試験により、睡眠時間の減少や睡眠の質の低下は、脳内にアミロイドβというたんぱく質の蓄積をもたらすことがわかっています。
アミロイドβは、アルツハイマー型認知症の要因だと特定はされていませんが、アルツハイマー型認知症患者の脳にはアミロイドβの蓄積が見られます。
睡眠を疎かにすることで、体の疲れが取れなかったり、お肌へのダメージを感じたりする方は多いかと思いますが、私たちの体で最も重要と考えられる器官である「脳」への影響を意識される方は少ないのではないでしょうか?
睡眠不足が続くと、脳内に老廃物が溜まり、脳を老化させ、健康や美容にさまざまな影響を与えてしまうのです!

徹夜並みの疲労?!睡眠不足が与える影響とは・・・

日本人の睡眠時間は、とても短いといえます。
OECDが2014年に発表したBalancing paid work, unpaid work and leisure

(出典:http://www.oecd.org/gender/data/balancingpaidworkunpaidworkandleisure.htm)

によると、日本人女性の睡眠時間は456分(約7時間半)と最下位で、日本人男性の睡眠時間も下から3番目となっています。
睡眠時間が7時間半というと、あまり短く感じないかもしれません。
しかし、別のデータで見てみると、4~50代の世代に限っては416時間となり7時間を切り、仕事をしている方に限るとさらに短くなってしまいます(出典:http://www.stat.go.jp/data/shakai/2011/h23kekka.htm#a04)。
お子さんがいたり、仕事が忙しくなったり、介護が始まったり…と、この年代の女性はとても忙しいようです。
うっかり徹夜をしてしまった…なんてこともあるかもしれませんが、スウェーデンの研究チームによると、徹夜をすることで体内のサーカディアンリズム(安眠に必要なのは「●●ホルモン」だった!)を司る体内時計遺伝子に損傷を与えることが報告されています。これにより、食欲・睡眠・ホルモンバランスなどに与える影響が、無期にわたるとされています。
以前、睡眠不足が食欲増進の原因となるホルモン「グレリン」の発現を促進するとお話ししましたが、実際に深夜に労働するシフト制の方や宿直がある仕事の方は、肥満症のリスクが高くなるというデータもあります。
たった一晩だけのことで、影響が出るなんて、規則正しい生活を続けることの大切さがうかがえますね。
「確かに睡眠不足かもしれないけど、徹夜はしないわ…」という方も、安心するのは、ちょっとお待ちください。
米国のワシントン州立大学の研究チームによっておこなわれた実験によると、6時間以下の睡眠を続けた人と、2日間徹夜した人の認識能力は、なんと同じレベルだったというのです。
さらに興味深いのが、被験者に取ったアンケートです。
6時間以下の睡眠を続けていた人は、認識能力が低下していたにもかかわらず、それに気づいておらず、自分ではテストをうまくこなしていたと思っていたとのこと。
徹夜という特殊な状況とは異なり、睡眠不足が日常化してしまうと、自分の能力が低下していることにすら気づけなくなってしまうなんて、とても怖いですよね。
最近なんだか仕事が片付かない、気力がない、うまくいかない…。
そんな時は、睡眠不足を疑ってみてはいかがでしょうか?
ぐっすり眠ることで、あなたの脳が本来のパワーを発揮してくれるかもしれません。

忙しい日が続くと、ついつい削ってしまうのが睡眠時間。
ですが、この忙しい現代社会の中だからこそ、「眠気は気合で何とかなる!」なんて睡眠を軽視せず、その重要性をしっかり考えたいですね。
誰でもすぐできる脳のアンチエイジング。
今夜から始めてみませんか?

(キレイ研究室研究員:船木)

[関連記事]
安眠に必要なのは「●●ホルモン」だった!
眠れない方必見!ぐっすり眠るためのポイント5つ、教えます!
寝不足=太るってホント?!更にアレまで下がるんです!

関連記事

ピックアップ記事

170925imo

2017.9.25

栄養満点レア食材♪芋づるのきんぴら

栄養価の高さから、専用の品種が開発されるなど、人気が広がりつつある芋づる。 家庭菜園などで、さつまいもを育てている人にとっては、すでになじ…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る