美容成分のはなし~ポリリン酸ナトリウム~

美容成分のはなし~ポリリン酸ナトリウム~

オーラルケアのお話で、お口の美と健康についてお話しましたが、今回はその続きともいえる、お口の悩みを解決するのにぴったりの成分、ポリリン酸ナトリウムについてお話したいと思います。
白く輝く歯を手に入れたいという方や、口臭や歯垢、歯石が気になるという方…。
ポリリン酸ナトリウムは、そんな悩みを持つ方々におすすめの成分です。

歯の着色汚れ、ステイン

赤ワイン、チョコレート、豆腐などの大豆製品、コーヒー、紅茶。
これらの食べ物や飲み物に共通すること。
それは、「美味しいこと!」…ではなく、歯の着色汚れ(ステイン)が付着しやすい食べ物だということです。

赤ワインや紅茶にはタンニン、チョコレートにはカカオポリフェノール、大豆製品にはイソフラボン、コーヒーにはクロロゲン酸が含まれています。これらが唾液中のカルシウムイオンなどの金属イオンと結びつき、歯の表面のエナメル質と結合することにより、ステインとなります。
ステインは、飲食後、時間の経過とともに歯に固着し、落ちにくくなります。
歯にがっちり付着したステインは、通常の歯磨きではなかなか落とすことができず、歯の黄ばみは日々蓄積されてしまうのです。
研磨剤で削ったり、溶剤で溶かしたりして落とすこともできますが、これらの方法は歯を傷つけてしまうおそれがあります。
歯は傷つけたくないけど、白い歯を手に入れたい…こんなときにおすすめなのが、ポリリン酸ナトリウムなのです。

ポリリン酸ナトリウムでステイン対策

ポリリン酸ナトリウム…なんだか聞き慣れない名前ですが、様々な食品などに使用され、安全性も確認されている成分です。
ポリリン酸ナトリウムは、ステインとエナメル質の結合を緩め、汚れを浮かび上がらせ、歯の汚れを剥がしてくれます。
さらに、歯の材質である「リン酸カルシウム」に吸着する性質を持っているため、歯をコーティングし、ツヤを付与し、汚れの付着を防いでくれる効果もあるのです。
では実際どの位効果があるのか…下の画像をご覧ください。ホ?リリン酸Na(洗浄剤)実験MEMOこのように、効果絶大のポリリン酸ナトリウムは、歯医者さんでのホワイトニングにも使用されていますが、最近ではハミガキ粉に配合され、家庭で気軽に出来る歯のホワイトニングとして、注目を集めています。
ステイン除去だけでなく、煙草のヤニにも効果がありますので、歯の汚れに悩む喫煙者の方にもおすすめです。
ただし、ポリリン酸ナトリウムは、歯の着色汚れを落とすためのもので、歯の色そのものを変えるものではありませんのでご注意くださいね。

ポリリン酸ナトリウムは歯石予防にも効果あり!

実は、ポリリン酸ナトリウムには、ステインだけではなく歯石の沈着を防止する効果も確認されています。
歯石とは、歯に付着した歯垢(プラーク)が石灰化したもので、一度付着してしまうと、簡単には除去することができません。
歯医者さんで、痛い思いをしながら除去したことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
歯石自体には病原性はないとされていますが、軽石の様にたくさんの穴があいていて、そこに唾液から身を守ろうと(唾液は口内環境を守っています!オーラルケアのはなし②)細菌が住み着いてしまうため、歯周疾患の原因とされ、歯石の除去は歯周病の予防と治療においてとても重要です。
また、細菌は、食べカスなどを分解するときに揮発性のガスを産生するため、気になる口臭の原因にも。
ポリリン酸ナトリウムのポリリン酸イオンは、歯石の原因となるカルシウムイオンと結合してくれるため、歯石が形成されるのを防いでくれるのです。
ヒトへの臨床試験でも、高い歯石抑制効果が認められています。

ヤニやステインの付いていない、健康的な白い歯。
ツヤツヤと光り、歯垢や歯石の付いていない、ツルツルな歯。
これらを手に入れたい方は、一度ポリリン酸ナトリウムを配合したハミガキ粉を使用してみると、理想の歯に近づけるかもしれません!ホ?リリン酸ナトリウムを配合したハミカ?キ粉(キレイ研究室:研究員 船木)

※掲載データ及び画像転載不可
 データのご利用希望の際はコチラからお問い合わせください。

関連記事

ピックアップ記事

171111_main

2017.11.11

歯周病予防に鮭?ごま??秘密は豊富な栄養素!!~鮭のレンジ蒸し~

歯周病予防に効果的な食材たっぷりのレシピで美味しく予防&ケアしませんか? 厚生労働省のデータによると、35歳以上の方の70%以上の人が罹患…

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る